ダイエット中でも甘いものはやめられない、
ダイエットが続かないし、頑張っても思うように減らない、
若い頃より太りやすくなったなどのお悩みを抱えてる方も多いのではないでしょうか。
公式サイト◎青の花ダイエットティー
もしかすると、これらはストレスが原因かもしれません。

ストレスをためながら無理にダイエットすると、
体が危険を感じて脂肪をためこもうとしてしまうそうです。

ダイエットが成功しない一番の原因はストレスなんだそうです。
改善するには、質の良い睡眠を取ることが大切です。

ではどうストレスをなくしていくのか、そのために作られたのが、
青の花茶あおのはなちゃです。

青の花茶原料は?

おいしい甘さで飲みやすいのに、カロリー0、シュガー0、カフェイン0です。
美容大国タイで昔から愛飲されているハーブの、バタフライピーを配合しています。
バタフライピーとは、東南アジア原産のマメ科の植物で、美と髪に効くハーブとして
古くから使われてきたものです。
青の花茶のオリエンタルブルーは、このバタフライピーの花そのままの色なんです。
オリエンタルブルーの天然色素には、ポリフェノールの一種、アントシアニンが
たっぷり含まれています。
ブルーベリーの約4.2倍もの含有量で、ブルーベリーのアントシアニンよりも
安定性に優れていて酸化しにくいのです。

また、現代女性の悩みに効くように厳選された4種類のハーブをブレンドしています。
それが、甜茶、アマチャヅル、メグスリノキ、ラフマです。
甜茶は、砂糖の75倍~100倍もの甘さがありますが、甘味成分は体には蓄えられませんので、
ダイエット中でも安心です。
アマチャヅルは、めぐりをサポートしてくれる働きがあります。
メグスリノキは、さまざまな健康成分を含んでいます。
ラフマは、ダイエットにつきもののモヤモヤを和らげてくれます。

青の花食事制限しなくてよい?

青の花茶なら我慢しなくても続けられる、その理由とは、
①3食いつも通り食べてもOK
②甘い物の代わりに飲めて、飲んだら満足感があるのでカロリーをカットできる
③つらい運動をしなくてもいい
④コスパ良し

これで心も身体もストレスフリーへ。
タンニンを控えめにした独自処方で、ボトルにティーバッグを入れっぱなしにしていても
渋みやえぐみが出にくいようになっています。
飲むタイミングはいつでもOKで、とにかく毎日飲むことが大切だそうです。

ホットでもアイスでも飲めますし、抽出時間やお湯の量で好みの濃さにできます。

また、オレンジジュースを入れたり、豆乳を入れるソイミルクティーや、
すりおろし生姜を入れるジンジャーティーなどアレンジもできます。

青の花茶fabius買い方

今だけ特別キャンペーン実施中です。
ラクトクコースという定期コースなら、
青の花茶30包入り(約1ヶ月分)
通常価格5,680円を初回特別価格79%オフの980円(税抜)で購入できます。
送料無料です。
2回目以降は20%オフの4,580円(税抜)で購入できます。
送料無料です。
ただし、4回以上の継続が必要です。
初回のみ、30日間返金保証つきです。

コース以外で、セット価格でお得に購入もできます。
2袋セットなら通常価格12,268円が5%オフの11,655円、
3袋セットなら通常価格17,040円が10%オフ16,562円、
5袋セットなら通常価格28,400円が15%オフの26,071円になります。

青の花茶口コミ

スッキリした甘さで本当においしいし、味にも色にも癒されるとか、
無駄な間食をしなくなったので、ストレスなしで1ヶ月で4kgもやせられた、
ノンカフェインなので寝る前でも安心して飲めるし、満足感があるなど、
4ヶ月以上飲み終えて96.2%の方が、実感しているようですね。

公式サイト◎青の花ダイエットティー